一般社団法人 富山県食品産業協会

事業

富山県食品産業協会の事業内容

新商品開発支援事業

今般の感染症の影響により、著しく低下した国内外の観光客等への需要の回復さらに新たな商品開発などの取組を支援するため、県産米粉用米拡大推進事業や地場食品産業育成活動事業を活用し、米粉など県産農林水産物を使用した新商品開発を支援するとともに、開発された新商品や試作商品のブラッシュアップを行うため、地域食品評価会を開催する。
もっと詳しく

販売促進支援事業

会員企業が製造した新商品等の協会認証商品制度の登録商品数の増加を図るとともに、県内外で開催されるイベント・フェアでの展示、あるいは県が実施する県産品購入ポイント制度の活用、東京アンテナショップにおける展示、テストマーケティングなど当協会の認証商品の宣伝・広報活動に努める。また、消費者を対象とした食品製造工場における現地研修会や業界との意見交換会などを開催し、県内食品業界に対する理解の向上に努める。さらに、富山県のふるさと認証食品(Eマーク商品)制度に対する啓発活動と現地調査などを実施する。

もっと詳しく

品質管理対策事業

食品の品質管理に係る新しい食品表示制度やHACCPなど食品企業に関連する各種対策や食品製造業における食品ロスについての意識の向上を図る。また、会員企業が製造する加工食品の安全向上と信頼確保などに関する講習会の開催、パンフレットの配布等による正しい知識の普及啓発を実施する。さらに、今年度より、食品ロス削減対策としてフードバンク活動の促進に向けた取組を検討するにあたり、食品製造業の未利用食品活用の可能性、状況等について、調査を行う。

もっと詳しく

HACCP導入推進サポート事業

改正食品衛生法によりすべての食品等事業者にHACCPの導入が義務付けられるなか、HACCP導入への支援体制の強化を図る。具体的には、県厚生センターや食品研究所等の専門機関との連携に努めるとともに、アンケート等によるHACCP導入に関する実態調査、専門家による個別相談会の開催・現地指導の実施等により支援に努める。
もっと詳しく

情報収集・提供事業

最近の国内外の食品業界の動向などに関する情報は、協会誌「食品とやま」やHPを通じて提供するとともに、国、県及び(一財)食品産業センター等の関連機関から新たな情報の収集・情報提供に努める。
また、業界団体事務局会議の開催により、会員企業のニーズ・要望に対して、的確迅速に対応するよう努めるとともに、農林水産業との異業種交流会を促進する。

もっと詳しく

その他事業

食品業界や本協会の事業活動において、功績のあった企業・団体・個人について、各種顕彰制度に対する上申や表彰を実施する。
また、本協会発展のための会員増にも努める。
なお、各事業についての具体的な実施計画・運営については、必要に応じて臨時正副会長会議を開催し、決定する。

もっと詳しく